雑誌の宣伝チラシ、電柱に貼られたチラシやDMなどで「多重債務の整理任せてください」「多重負債をひとつにしたいですよね」といった広告を見かけることがありませんか。

このようなものは、「整理人」「買取専門屋」「紹介屋」と呼ばれる企業の嘘広告のときもあるということなのです。

利用したケースでは自己破産申請の流れの中で免責許可を受けられないリスクがありえます。

「整理屋」では、ダイレクトメールなどで借金を抱える人は集め手数料を要求して負債整頓を行いますが現実には借金整頓は行われないまま、借金地獄にはまるときが大方と言ってよいでしょう。

「買取屋」では当人の分割払いで家電製品、電車のチケットなどを買わせて借金者からこれらの品物を購入額の10%や額面半額で買い直すという方法です。

債務人はそのときは金が懐に入りますが、まもなくクレジット業者経由の買ったものの催促が届くことになり、現実には負債額を上乗せする結果になります。

このケースだとクレジットカード企業への詐欺に当たるとして免責が受けられません。

「つなぎ屋」とは、大口の貸金業者から断られるようになった借金者へ直接的な資金提供はせずに、資金提供をしてもらえる関係無い会社を知らせ、高すぎる手数料を請求する業種です。

高度な手引きで金貸し可能になったという口調で会話しますが現実には何もしないで、種は簡単でルールの緩やかな会社を把握しているというだけです。

このときも本当は債務を増やすことになります。

  • Copyright © 2012 www.ethicparty.org All Rights Reserved.